ネットビジネス

ハチプラ(HACHI PLUS)で配当生活を実現!元大手証券出身の大谷健が凄い

ハチプラ(HACHI PLUS)という言葉をみなさんは聞いたことがありますか?

最近ネット広告で一部話題になっており、元大手証券会社出身の大谷健さんが仕掛ける配当プロジェクトなんです!

このハチプラ(HACHI PLUS)の仕組みが実は凄くてですね。今回は記事にさせていただきました!

これを読めばハチプラ(HACHI PLUS)の魅力をバッチリ理解できますよ。

実際に登録した人の口コミも掲載!

副業を探している人はまずはこちらの案件をチェックすることをオススメします。

ハチプラ(HACHI PLUS)仕掛け人の大谷健って?

ハチプラ(HACHI PLUS)を知るには仕掛け人である大谷健さんのことを知るべきでしょう。大谷健さんは元々大手証券会社で腕利きの金融コンサルタントをしていました。

企業在籍時にはトレーディング部門とリスクマネジメント部門を兼任するなど、優秀であったことが伺えます。

その後は独立し、個人・法人問わず活躍。資金戦略立案、海外M&A、資金調達などを成功させています。

なんと、最新の金融工学を駆使して、1日10兆円規模の資金を動かしていたという実績も!

そんな大谷健さんはなぜハチプラ(HACHI PLUS)を発足したのか?

友人の悲惨な現状を目にしてハチプラ(HACHI PLUS)を発足

大谷健さんがハチプラ(HACHI PLUS)を立ち上げたのには理由がありました。

ある日、大谷健さんは大学の友人と久しぶりに会い、お酒を共にします。

しかし、友人が選んだお店は大手チェーン居酒屋で、彼はビールと枝豆、冷奴しか頼まなかったそうなんです。

30歳を過ぎてもお金がなくて、好きなものを注文できない。

日本の収入格差が知らぬ間に広がっていることを改めて自覚し、何か自分にできることはないかと考えた末に、ハチプラ(HACHI PLUS)が誕生しました。

これまでの稼げない投資案件や副業とは異次元の稼ぎ方を実現していますよ!

ハチプラ(HACHI PLUS)の目的とは?

ハチプラ(HACHI PLUS)は大谷健さんが日本の収入格差を是正するために生み出されています。

お金がないと衣・食・住を確立させるので精一杯。

しかし、食事を減らせば栄養は偏り、病気がちになります。
万が一、入院なんてことになっても治療費が払えない。

このような負の連鎖を止めるために、ハチプラ(HACHI PLUS)では新しい収入源をつくれるようになっているのです。

具体的には毎日配当が発生する仕組みが用意されています!

全員が毎日8万円の配当生活を目指す

ハチプラ(HACHI PLUS)では全員に毎日8万円の配当生活を叶えてもらうことがゴールのようです。

私も「8万円って凄すぎない?」と少し勘ぐってしまったのですが、さすがは腕利きの金融コンサルタント。大谷健さんは私たちでは思いつかないような仕組みを確立していました。

「これ本当に稼げるかも!」って思いましたね。

ここからはハチプラ(HACHI PLUS)の詳細について触れていきます。

ハチプラ(HACHI PLUS)で配当が稼げる理由とは?

ハチプラ(HACHI PLUS)では「配当」を貰って生活を豊かにすることが目的となります。

しかし、配当なんてそう簡単に貰えるものではないですよね?

FXや物販ビジネスなどの副業で稼ぐのは想像できますが。

配当を貰うための攻略法はどのようなのものなのでしょうか。

ハチプラ(HACHI PLUS)は利権ビジネスが絡んでいる

ビジネスの素質や金融リテラシーがない人たちでも稼げる利権ビジネス。

利権を手にすることで配当を得て生活をしている人も多くいらっしゃいますよね。

一般的なのは株を購入して、その配当で生活をするというもの。

しかし、持ち株で配当生活を送るとなると、かなりの大金が必要になってしまいます。

利権を獲得すること自体がむずかしいわけです。

でも、ハチプラ(HACHI PLUS)では利権ビジネスをまるごと独占してしまったようです。

ハチプラ(HACHI PLUS)ではレンダー利権を独占

ハチプラ(HACHI PLUS)ではレンダー利権を独占しているようです。

とはいえ「レンダーって何?」という人が多いと思うので、そこも解説させていただきますね。

レンダーとは

レンダーは太古から存在するビジネスのようで、直訳すると「貸し手」となります。

原始時代では狩りをするので、道具が大変貴重です。殺傷能力の高い武器をつくれる人間はそれだけで有利でした。

なぜならその武器を作成して貸すことで、代わりに獲物をお裾分けしてもらうことができたからです。

これがレンダーの始まり。

そして、現在で例えるなら銀行や奨学金制度などが一番イメージしやすいでしょう。

住宅費や学費をまかないたい人は銀行や学生支援機構などからお金を借ります。

銀行や学生支援機構は貸し手に当たるので、つまりは「レンダー」です。

彼らは働かずして「利子」という収入を得ることができます。

このレンダー利権をハチプラ(HACHI PLUS)では独占しているんですね。

ハチプラ(HACHI PLUS)は仮想通貨取引所のレンダー利権獲得

大谷健さんはハチプラ(HACHI PLUS)でどのようなレンダー利権を獲得したのか?

それは「仮想通貨取引所」のレンダー利権だといいます。

調べてみたら仮想通貨のレンダーというのは流行りのようです。

ハチプラ(HACHI PLUS)では世界最大規模の仮想通貨取引所のレンダー利権を獲得しています。

イメージはこんな感じです。

このようにして金利が発生し、それをハチプラ(HACHI PLUS)参加者に分配していくため稼げるわけです。

苦労して自分が動く副業やるより絶対にいいですよ!

ハチプラ(HACHI PLUS)では作業が一切発生しない

レンダーによる配当の仕組みを知ると、このような疑問を持つ方もいるはず。

「レンダーとして働く必要があるのかな?」

私は少なくともそう思ってしまいました。

でも、実際は違うようで、レンディングはすべてプロが行なうそうです!
(よくよく考えてみれば当たり前かも)

私たちのような仮想通貨の知識があまりない人がレンディングをしても上手くいくわけがありません。

ですからハチプラ(HACHI PLUS)はプロに任せており、参加者は配当を受け取るだけで大丈夫なようです。

忙しい会社員も、育児に追われるママも安心ですね。

ハチプラ(HACHI PLUS)が仮想通貨取引所に注目した理由

しかし、ハチプラ(HACHI PLUS)はなぜ仮想通貨取引所のレンダー利権を独占したのでしょう?

「お金を貸して金利を得る」というのであれば他の選択肢もあったはず。

これにはれっきとした理由がありました。

世界中でレンディングが可能

銀行や消費者金融の場合は、日本国内の企業や人を相手にレンディングを行ないます。

一方で仮想通貨取引所でレンディングすると世界中の人が貸付の対象となりますよね。

借りたいという人の母数が圧倒的に多いので、その分得られる金利が増えるというわけです。

私は大変理にかなっている選択だと思います。

年利がなんと16%

金利を配当に充てるということは、貸し手としては利子が高いほどいいわけです。

住宅ローンは「リコースローン」という金利がある程度定められているのですが、仮想通貨レンダーの場合は「ノンリコースローン」となり、貸し手が有利な条件でお金を貸せるという最大のメリットがあるのだそう。

ハチプラ(HACHI PLUS)はこれにより年利16%で貸付を行なうそうです。

合法的に多くの金利を得ることが可能になっているのは強みでしょう!

実際のイメージはこんな感じです。

これを知ったユーザーからは配当の夢が広がると評判のようです。

企業や取引所が相手だから安心

仮想通貨をレンディングするのは多くが企業や取引所なのだそうです。

個人に貸すよりも逃げられてしまったり、返済されないといったリスクを減らすことができます。

着実に配当を用意できる仕組みをハチプラ(HACHI PLUS)では整えているんですね!

これまでの詐欺案件とはまったく異なるわけです。

ハチプラ(HACHI PLUS)ではアービトラージも実施

ハチプラ(HACHI PLUS)の配当を支えるのは、レンダーによる金利で間違いないですが、さらに配当をブーストさせるためにハチプラではもうひとつ施策を用意しているそうです。

それが「アービトラージ」です。

アービトラージとは?

アービトラージは「安く買って、高く売る」を仮想通貨取引所の間で高速で行なう手法です。

転売ビジネスの副業をしたことがある方にはよりわかりやすいと思います。

わかりやすくお店で例えるとこんな感じ。

仮想通貨取引所で例えるとこんな感じ。

このアービトラージを高速で行なうことで、レンダー資金を底上げして、配当に勢いをつけるんですね。

月利5~10%でノーリスク

ハチプラ(HACHI PLUS)のアービトラージは月利5~10%で運用できるそうです。しかもアービトラージはノーリスクというメリットがあります。

安く買ったものを高く売るを守るわけですから、リスクがないということですね。

世の中にある3,000もの仮想通貨取引所でアービトラージを繰り返すことになるので、さすがに人では対応できません。

そこで、ハチプラ(HACHI PLUS)では高性能なシステムを用意している行なうみたいです。

ハチプラ(HACHI PLUS)の配当シミュレーション

ハチプラ(HACHI PLUS)で運用する金額は億単位だそうです。

仮に1億円で運用すると仮定しましょう。するとどうなるか、、

アービトラージで1億円を運用すると、月利10%で1億1000万円になり、実質1000万円のプラスです。これを年間で計算すると、

1,000万円×12=1億2,000万円

となり、さらに金利16%のレンダーを併用すれば、

1億2,000万円×116%=約1億3,900万円

これがハチプラ(HACHI PLUS)参加者に配当として配られるのですね。

大谷健さんが目的としている「収入格差をなくすこと」が現実味を帯びてきました!

ハチプラ(HACHI PLUS)で配当を受け取るために

では、ハチプラ(HACHI PLUS)で配当を受け取るにはどうすればいいのでしょうか?

まずは広告ぺージから登録して「LINE登録」まで済ませましょう!

こちら無料で登録できますのでご安心ください。

登録すると以下のようなメッセージが配信されます。

あとは流れに沿って、進めていくだけなので簡単です。

最短だと5日で配当の受け取りを開始することも可能ですよ!

登録すると配当体験アプリが貰える

ハチプラ(HACHI PLUS)に登録すると配当体験アプリを受け取ることができます。

実際どのように配当を貰えるのか前もって体験しておくことで、安心して始めることができると思います。

私も使ってみましたが、シンプルな画面でわかりやすかったです。

毎日こんな感じで入金されるんだという感覚をつかめました。

これなら「簡単に稼げるかも」ときっと思うはずです。

ハチプラ(HACHI PLUS)の口コミ

ハチプラ(HACHI PLUS)にすでに参加した人の口コミはどのようなものか?
私のほうで調査してみました。

50代/会社員
50代/会社員
この年齢になっても年収400万円ほどで貯金もほとんどありません。何か対策をしなければと投資や副業を検索していたら、ハチプラ(HACHI PLUS)の広告がたまたま見つかりました。大谷健さんの経歴に驚き、想いに胸を撃たれ、参加を決めました。今は毎日配当が受け取れています。
60代/主婦
60代/主婦
旦那が定年を迎えて年金生活が始まりましたが正直厳しい状況です。だから藁にも縋る思いでハチプラ(HACHI PLUS)への参加を決めました。結果としては大変満足しております。毎日8万円を貰える日も遠くない気がしています。
30代/アルバイト
30代/アルバイト
未だにアルバイト生活で周りからも馬鹿にされてきました。どうにか見返してやろうと思って副業とか調べるように。そしたらハチプラ(HACHI PLUS)の広告がYouTubeで流れてきました。最初は怪しいと思ったものの、読み進めるうちに「これなら稼げる!」となりました。恐らく今は配当だけで友人よりも収入が多い気がします。

口コミを見る限りプラス材料が多いように思いますね。

ハチプラ(HACHI PLUS)は資金5倍のチャンスあり

ハチプラ(HACHI PLUS)は配当にだけ注目されがちですが、参加した人には資金5倍のチャンスも巡ってきます。

こちらの詳細については実際に登録してご確認ください。

無料で登録できますので安心していただければと思います!

大谷健さんのハチプラ(HACHI PLUS)で配当生活を!

いかがでしたでしょうか?

大谷健さんは元大手証券会社出身の敏腕金融コンサルタントです。

そんな彼が収入格差をなくすために発足したのが「ハチプラ(HACHI PLUS)」です。

ハチプラ(HACHI PLUS)では誰もが毎日8万円の配当収入を目指すための仕組みが用意されています。

まずは、広告ぺージより登録を行ない詳細を確認してみてください。

詳細ページ