ネットビジネス

泉忠司氏の活動に見える「ボーダレス」|その考え方や生き方に迫る!

ボーダレス

泉忠司氏は、教育者であり、ネットビジネスや仮想通貨などの最新のビジネスでも活躍する実業家でもあります。

 

今日は、泉忠司氏の幅広い活動がどのように生まれているのか、泉忠司氏がどのような考え方の元活動をしているのかについて詳しくまとめました。

 

具体的には、

・泉忠司氏はどのようなフィールドで活動しているのか?

・泉忠司氏はどのような考え方から、広いジャンルの活動領域を選んでいるのか?

・泉忠司氏がボーダレスに活躍できるのは、どのような経験や視点が活かされているからなのか?

 

このような疑問について理解できる内容になっています。

泉忠司氏の成功の秘訣や、泉忠司氏の生き方について知りたい人は是非ご覧になってみてください。

 

泉忠司氏の活動領域は無限に感じられるほど広い

 

泉忠司氏の活動に少しでも触れたことがある人ならお分かりかと思いますが、泉忠司氏の活動領域はほかに類を見ないほどとても広いというのが特徴です。

ここでは主に泉忠司氏がどのような活動をしているかについて触れていきます。

 

大学講師

大学講師引用:http://izumi-tadashi.net/profile.html

 

泉忠司氏は十数年にわたり、大学講師として活躍していました。

専門は、イギリス文学、イギリス文化で、横浜市立大学、日本大学、青山学院大学と、関東圏の有名大学で教えていたという経歴を持っています。

 

泉忠司氏の授業は非常に人気があったことで知られています。

週に25コマも教えていた時期もあったほど。

そのことから、カリスマ大学講師という異名でも知られています。

 

ベストセラー作家

ベストセラー引用:http://izumi-tadashi.net/profile.html

 

泉忠司氏のメインの活動といってもいいのが作家としての活動です。

泉忠司氏は、60冊近くにも及ぶ書籍を執筆し出版しています。

 

中でも有名なのが、「歌って覚える英文法完全制覇」

受験英語対策にはこの一冊がどの参考書よりも優れています。

 

キングオブコイン

仮想通貨
引用:http://izumi-tadashi.net/profile.html

 

泉忠司氏は、ビットコインをはじめとした暗号通貨(仮想通貨)の日本国内外での普及に貢献したことでも知られています。

そのことから海外メディアからキングオブコイン(暗号通貨王)と呼ばれています。

 

そのほかにも、アイドルグループのプロデュース、作詞や作曲、舞台の演出、セミナー講師や塾など、数々の事業を展開しています。

 

泉忠司氏の活動はマルチではなく「ボーダレス」

ボーダレス引用:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1953881558024172&set=pcb.1953896251356036&type=3&theater

 

泉忠司氏が手がけているたくさんの活動について、ざっくりとご紹介しました。

彼のこの活動は、自身がボーダレスな活動と捉えて進めています。

 

公式HPの中で、泉忠司氏は自分自身の活動は「マルチ」なのではなく「ボーダレス」であることを強調しています。

実際に、「マルチですね」などと言われることも好きではないとか。

 

 

人間のあらゆる活動はすべて

ひとつにつながっているという考え方のもとに、

 

縦にも横にも区切らない

「ボーダレス」な活動をモットーとしています。

 

つまり、人間の活動をカテゴライズすることなく、泉忠司氏は「泉忠司氏の活動」という、

たったひとつの活動を行っているに過ぎないのです。

引用:http://izumi-tadashi.net/profile.html

 

泉忠司氏の言うように、確かに人間の活動は全て繋がっています。

その境目ごとに職業を切り分けて分担しているイメージを持つ人が多いですし、

実際に限られた領域でしか力を発揮しない、発揮できない人が多いのが事実です。

 

しかし、その領域全てを自分で網羅することは能力があれば可能なこと。

 

深く広く領域を網羅して、ビジネスや事業を成功させるには

ただならぬ能力が必要ですが、泉忠司氏であればこそできることなのでしょう。

 

また、たくさんのジャンルのビジネスや事業に携わっていけないと誰が決めたのでしょうか。

多くの人はそんな決まりがないにも関わらず、自分で自分の領域を勝手に決めて

活躍範囲をあえて狭くしてしまっているのかもしれません。

 

その意味で、領域に縛られることなく、ジャンルにも制限をかけず

広い世界で自由に活躍する泉忠司氏に憧れる人は多いです。

 

 

泉忠司氏の職業は「泉忠司氏」なのです。

引用:http://izumi-tadashi.net/profile.html

 

この言葉が、泉忠司氏の活動の全てを物語っているのではないでしょうか。

 

泉忠司氏の活動に見えるたくさんの「ボーダレス」

泉忠司引用:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1950714825007512&set=a.313834985362179&type=3&theater

 

泉忠司氏はジャンルの枠を超えた活動をたくさん行なっています。

前述したように、大学講師、作家、プロデュース業、歌手、セミナー、ネットビジネス、仮想通貨・・・

数えればきりがないほどです。

しかし、泉忠司氏の活動を細やかに見ていくと、その中にも彼自身のボーダレスな取り組み方が見えてきます。

 

大学講師が大学受験の参考書を書く

 

泉忠司氏は数十年にわたって、大学講師として活躍してきました。

専門はイギリス文学にイギリス文化。

本来は、大学に入学したあとの学生に講義をするのが大学講師の仕事です。

 

しかし、泉忠司氏は英語受験対策の参考書を多く出版しています。

本来の仕事で教えるのは大学生であるにも関わらず、

その大学に入る前の人たちのための参考書を出版しているところに

彼のボーダレスな行動力をが感じられます。

 

しかも、その参考書がベストセラー。

特に「歌って覚える英文法完全制覇」は、受験英語の必読書として

これまで難しい英語受験をクリアしてきた多くの受験生たちから愛されています。

 

歌って覚える英文法完全制覇
引用:http://izumi-tadashi.net/publication.html

 

泉忠司氏は、高校生のときに偏差値30からたったの半年で全国模試1位にまで上り詰めたというエピソードが有名です。

きっと英語についても必死で勉強し、受験英語を制覇するという経験をされたのでしょう。

このときの経験も、活かされているのかもしれませんね。

 

参考書も恋愛小説も書くベストセラー作家

 

泉忠司氏の出版物は、英語関連の参考書だけではありません。

驚くことに、恋愛小説の作家としての顔を持っているのです。

恋愛小説「クロス・ロード」シリーズは、英語関連の参考書と並ぶほど人気の小説です。

 

 

クロスロード
引用:http://izumi-tadashi.net/publication.html

 

この小説が面白いのは、エピソードごとに登場人物の心理状態が解説されているという点です。

架空の恋愛物語ではありますが、自分のことのように置き換えて、「恋愛を学ぶ」ことができる、ある意味恋愛の参考書とも言えるような一冊だと思います。

 

大学受験の参考書を書き、そして恋愛小説も書く人を、泉忠司氏の他に聞いたことがあるでしょうか。

 

活動地域もボーダレス

全世界
引用:https://unsplash.com/photos/82Xsw-pGsJI

 

泉忠司氏の活動は、日本だけではありません。

2017年には、世界各国での社会貢献活動が評価され、アメリカ合衆国大統領府最優秀顕彰が授与されています。

 

泉忠司氏はこれまでに、中国の砂漠を森に変える活動を行なったり、

インドやカンボジアに学校を作ったりという社会貢献活動を行っています。

中でもフィリピンに対して泉忠司氏は強い興味を持っており、フィリピンにも自宅を持っているほどです。

フィリピンの多くの社会問題を解決するような取り組みに携わっています。

 

また中国や香港、フィリピン、イギリスなど、さまざまな国でセミナーや講演会を行っています。

どのセミナーも開催されるたびに満員と、非常に人気があります。

 

物事をみる視点がボーダレス

ボーダレス引用:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1931941436884851&set=a.313834985362179&type=3&theater

 

HPの泉忠司氏からのメッセージに、印象的な言葉がありました。

 

あなたの「願い」は必ず叶います。

あなたの「限界」は必ず超えられます。

 

現状に妥協しながら緩やかに下ってゆく人生も悪くはありませんが、

パッション(情熱)とミッション(使命)を胸に抱き、楽しく最高の人生を生きましょう。

 

あなたの人生は輝きます。 そして、輝く大人が増えれば

子どもたちが輝き、日本の未来も、世界の未来も輝くのです!

引用:http://izumi-tadashi.net/profile.html

 

普通に考えても、人は私財を増やすために仕事をすることがほとんどだと思います。

私財というと言い方が悪いですが、食べるために生活費を稼ぐこと、居心地のいい家に住むためにお金を稼ぐこと、家族が幸せに暮らせるようにお金を稼ぐことは

全て自分のためであり、そういう目的で仕事をすることは悪いことではなく当たり前のことです。

 

しかし、自分の生活もままならないのに、未来の日本のため、未来の子どもたちのために働けるでしょうか。そうではありません。

 

泉忠司氏は、自分自身が満たされていることで、自然と他者に対する貢献の気持ちが湧いてくるというようにも語っています。

 

 

僕はとんでもなく貧乏な家庭に生まれ育ちましたが、

「願い」はすべて叶えてきました。「お金がない」ことは「だからこそやるしかない!」と考えれば、脳がお金を生み出す方法を考え始めます。

引用:http://izumi-tadashi.net/profile.html

 

泉忠司氏は貧しい子ども時代を過ごし、

貧乏だからこそ欲しいものを手に入れるという意思が強く

その信念があったからこそ成功することができたのでしょう。

 

そして、自分で勝ち得た成功や成功法則を、今度は私たちに惜しみなく教えてくれているのだと思います。

 

そういう、独りよがりにならない生き方や、多角的に物事を捉えている点、日本や世界というより広いフィールドを見ているところが、

ボーダレスな視点であるように感じられてなりません。

 

まとめ・すべてがボーダレスな泉忠司氏・その活躍に今後も期待

 

ベストセラー作家、大学講師、多くのビジネスで知られる泉忠司氏について、そのボーダレスな考え方や生き方がどう展開されているか見てきました。

 

活動自体もボーダレスではありますが、

そもそもの生き方や考え方もボーダレスであり、

独りよがりになることなく、常に大意を考え多角的に物事を捉える人物であることもわかったのではないかと思います。

 

技術が進化して、目まぐるしく身の回りのものが変わっていく今の時代に必要なのは、

このようにボーダレスに多くの変化を受け入れて、さらにボーダレスに挑戦し発信していく姿勢なのかもしれません。

これからの泉忠司氏の活動にますます期待できそうです。