ネットビジネス

大きく稼ぐなら自分だけのビジネスを|受ける・もらう仕事の先・自分の好きは?

誰でも大きく稼いで楽しく豊かに暮らしたいという夢を持っていると思います。
でも、お金を稼いでいくには仕事をする必要があります。

あなたの仕事は何ですか?

雇われている会社員でしょうか?
自分の得意を活かしたフリーランサーでしょうか?
もしくは自分で事業をやっているのでしょうか?

大きく稼いでいくなら自分で仕事を生み出すスタイルを作り上げることが必要です。
そして、インターネットやSNSが便利になった今、それは昔に比べて非常に容易になっています。

今日は、大きく稼ぎたい人のための自分のビジネスの考え方について解説します。

・「受ける仕事」「もらう仕事」で大きく稼ぐことはできるのか?
・お金が生まれる仕組みや自分だけのビジネスの考え方
・自分だけのビジネスではどんなことをやればいいのか?

これらについてご紹介しています。

時代も令和になって、どんどん自分がやりたいことをやるハードルが下がっています。
今の仕事に不満がある、もっと稼ぎたい、という人にぜひ読んでいただきたいと思います。

 

「受ける仕事」や「もらう仕事」の限界

 

大きくもっとたくさん稼ぎたい!と思っていても、会社に雇用されていたり「受ける仕事」や「もらう仕事」をしている限り、限界があります。

 

雇用される仕事は安定しているが限界がある

引用:https://www.pakutaso.com/20190344066post-19871.html

 

この社会の中で一番該当する人が多いのがこの「雇用される仕事」だと思います。
これは会社の中にある仕事をやらせてもらうということで「もらう仕事」に当てはまります。

この仕事は安定しています。

特に正社員であれば法律でも守られていますから、よっぽどのことがなければ突然解雇されたり、理不尽にお給料を下げられたりということはありません。

しかし、安定はしていますが、たくさん稼ぐことはできません。
ある一定の決められたお給料が入ってきて、業績が上がればボーナスをもらえて、というのが一般的な雇用です。

大きく安定した大企業に雇用されている場合には、その基本給も世間一般よりは高めで、ボーナスも大きな金額だと思いますが、「大きくもっとたくさん稼ぐ!」というニュアンスでお金を得ることは難しいでしょう。

しかも、仕事内容も自分では選べないことが多いです。
決められた仕事を会社のルールに則ってこなし、時間も拘束されたことの報酬が安定したお給料ということです。

 

在宅ワークやクラウドソーシングには限界がある

引用:https://unsplash.com/photos/iv22jzrqkFg

 

在宅ワークやクラウドソーシングなどの仕事も自分のスキルでやっているとはいえ、「受ける仕事」「もらう仕事」です。
間接的にはお金が生まれることに貢献しているのですが、直接的に生み出しているわけではありません。

在宅ワークやクラウドソーシングでお金を支払ってくれている業務委託先の会社や個人が倒産したり事業をやめてしまったりすれば、途端に仕事がなくなってしまいます。

雇用されている仕事よりは自由が効きますし、自分で仕事を選ぶこともできます。

しかし、自分のスキルを切り売りしている以上、自分の時間を切り売りしていることとほぼ同義ですから、多少高めの時給であったとしても「大きく稼ぐ!」というのは難しいでしょう。

 

SNSやアフィリエイトにも限界がある

引用:https://www.pakutaso.com/20190747197post-22133.html

 

SNSやアフィリエイトで稼ぐという方法もあります。雇用されているよりも自由度ははるかに高いですし、在宅ワークやクラウドソーシングよりもクリエイティブです。

自分で工夫して稼ぐというスタイルになりますし、稼げるようになるまでに時間もかかりますし忍耐・センスも必要です。
ほとんど自分で自分をマネジメントして事業をやっているようなものですが、それでもSNSやGoogleといった媒体の中でやっている仕事です。

アフィリエイトにしても、広告主やASPがあって成り立っています。
ある意味では、仕事をする場を「もらう仕事」です。

当然、媒体や広告主などの基準が変わっていけば、「お金を得る」という意味では、そのサイトに価値がなくなってしまいます。

もちろん、「稼ぐ」というセンスは身についているので、また一からサイトを作ってやり直すことは可能です。

 

お金が生まれる仕組みを作ることが重要

 

「受ける仕事」や「もらう仕事」である以上、その仕事が成立しなくなるときがやってきます。その都度やり直せばいい、と言えばそれまでです。

しかし、自分の功績を無駄なく高く積み上げて、自分でお金が生まれる仕組みを作ってみてはどうでしょうか。

 

自分だけのビジネスを作り出す

引用:https://unsplash.com/photos/ZGjbiukp_-A

 

これが、自由度も高く「もらう仕事」でも「受ける仕事」でもない、自分だけのビジネスです。

例えば、ブログを運営していてアフィリエイト報酬を得られるようになっているなら、収益の上がるブログの書き方を教えられるようなコンサルタントにもなることができます。
自分の成功体験を広く提供したり、そのための教材を販売することで、自分が動かずとも教材がさらにお金を生み出してくれます。

また、初心者がブログを運営するまでのノウハウをまとめて販売することもできますね。
わかりやすくまとめることができるならより人気を得ることができるでしょう。

さらに、ブログを書いたり作ったりする上で、その仕組みに興味を持ったなら、もっと勉強してプログラミングを学ぶこともできます。

こうして、雇用、副業、フリーランス、個人事業を経て、最終的には自分で作って、自分で広げる、そして広げたものが飛び立ち独りでにお金を生み出してくれるようなビジネスを作り上げてみてはいかがでしょうか。

 

苦手なことはお金をかけて頼む

引用:https://unsplash.com/photos/MJSFNZ8BAXw

 

しかしビジネスを作り出すことはそう簡単なことではありません。
今までは他の人がやってくれていたことも自分でやらなければならないですし、たくさん勉強もしなければいけないと思います。

と、考えがちですよね。

でも、できないことを自分でやろうと勉強していては、あっという間に人生が終わってしまいます。
できないことは、お金をかけてできる人にどんどん依頼しましょう。

プログラミングは得意でもデザインが苦手なら、デザイナーに依頼したり雇ったりしましょう。
ブログノウハウを持っていても販促が苦手なら、コンサルをつけたり、誰かに営業してもらったりすればいいことです。

以前も書きましたが、こうしたことも先行投資の一つです。

自分が達成する目的のために、必要なことには惜しまずお金を使う。
これが、最終的には一番の近道だったことに成功してから気づきます。

人生に成功したいなら先行投資しろ!ビジネスに必須な先行投資の考え方

 

自分が何をしたいのかを見つめる

 

でも、ここで重要なのは「何をするか」です。
ネットビジネスアドバイザーとしては、「得意なことをする」のではなく「好きなことをやる」というのをお勧めします。

 

「好き」はいくらでも行動を生み出す

引用:https://unsplash.com/photos/1GRvY9WUu08

 

「得意なこと」と「好きなこと」は違います。
得意なことは、どんどんできます。次から次へと仕事をこなしていくことができます。
でも、得意なことが好きなことではない場合、長期的に見るとストレスになります。

来る日も来る日も、得意だが好きなことではないことを繰り返すのは、飽きてくるからです。

反対に好きなことはいくらでもやり続けることができます。
毎日やってもずっとやっていても飽きることがないんですね。
これだと、毎日が喜びです。
毎日時間があっという間に経ってしまって、幸せな気持ちで仕事をし続けることができます。

 

何度こけても好きなことのために諦めない!

引用:https://unsplash.com/photos/bJhT_8nbUA0

 

好きなことなら、何度失敗しても、何度こけても、諦めないでやり続けることができます。
反対に、得意なことでも好きなことでないのであれば、失敗してしまったら今までの労力が無駄になったと気落ちしてしまいます。

そういう意味でも、好きなことへのエネルギーは凄まじいものです。

ここ数年で、好きなことにフォーカスして仕事をすることのハードルがとても低くなってきているように感じます。
それこそ、昭和の価値観では、

「仕事とは苦しいもの」
「嫌なことこそやれ」

というのが当たり前でしたが、平成を経て令和の今、そういう考え方はほぼ衰退していると言っても過言ではありません。
まだ企業や組織の中には残っているかもしれませんが、間違いなく今後それは時代遅れの価値観になっていきます。

インターネット、SNS、スマートフォン、など現代を象徴する便利なたくさんのツールが、好きなことで生きていくことを強力にバックアップしてくれています。

 

好きがないという人におすすめのワーク

引用:https://unsplash.com/photos/LCJ9iOli-uE

 

しかし、残念ながら「好きなことがない」「何が好きなのかわからない」という人は、大勢います。
若い人に限らず、「好きなこと」について考えてこなかった大人も本当に多いです。
わたしもこの仕事を始めるまではそうでした。
仕事とは苦労するもので、自分でやり方を選べるなんて考えたこともありませんでした。

でもそれは、好きなことがわからない人たちが悪いのではありません。
好きを見ずに、目の前に与えられていることをこなすという仕事のスタイルや、自分の意志よりも先にルールに則ることが大切だと教えられてきた環境がこれまでの当たり前でした。

ですから、自分の好きなことがない、分からないという人は、自分の中に眠ってしまっている好きなことを思い出せばいいだけです。

そこで、好きなことがわからない人にぜひやってみてほしいワークをご紹介します。

 

ここは未来です。
今生きている時代のはるか先、何万年も先の未来です。

そこには今のように同じたくさんの人たちが生きています。
しかし、自分の頭の中で考えるだけで全てをコントロールすることができます。

食べたいものをイメージするだけで目の前にその食べ物が現れます。
同じ方法でほしいものもすぐに手に入れることができます。
また、経験したいこともすぐに実行できます。
海外への旅行も実際に行かなくても目の前にビーチが現れて美しい海を体験することができますし、
やりたい仕事も実際にできて成功したときの達成感や喜びまで味わうことができます。

「お金」という概念がないため、貧乏も裕福もありません。
みんなに同じ条件で同じものが与えられ、生きていくことに困ることはありません。

もちろん、家族もいて、お互いに言葉を交わさなくても、頭の中で考えていることでコミュニケーションを生み出すことができます。
そのため相手と喧嘩することもなく、穏やかに生きていくことができます。

平和と愛にあふれた、何でも手に入る、本当にすばらしい世界が、未来にはあります。

・・・

では、この未来で、あなたがやりたいことは何でしょうか?

 

何でも手に入る未来をイメージしたとき、ここで思い浮かんだ「やりたい」こそが、あなたが好きなことだと思います。
ぜひ目をつぶって深くイメージしてみてくださいね。

 

まとめ・大きく稼ぐなら自分でビジネス!

 

大きく稼ぎたいという人にすすめたい、自分でビジネスをやることについての考え方について解説してきました。
簡単にポイントをまとめておきたいと思います。


・「受ける仕事」「もらう仕事」では稼げる限界がある

・今はインターネットをはじめとしたたくさんのツールがあり、ビジネスがしやすくなっている

・自分でやるビジネスでも、苦手なことはお金をかけて得意な人に頼もう

・自分でやるビジネスは自分が「好きなこと」が前提

・好きなことがないという人も、それはわからなくなっているだけで思い出せる

大きく稼ぎたい!挑戦したい!という気持ちがあるのなら、ぜひ自分の好きなことでビジネスを始めてみてほしいと思います。

ぜひ試してみてくださいね。