ネットビジネス

LINEスタンプの販売で稼ぐ方法・今後は?副業でビジネスしたい方必見!

めぐみです。最近は大手企業も副業を解禁するなどして、以前よりもかなり副業が盛んになりました。そのため、今よりも収入をアップさせようと多くの方が稼げる副業を探しています。

副業によって今のお給料に数万円でもプラスされたら生活がかなり潤いますよね。副収入を得る方法としてさまざまな方法が存在していますが、この記事ではLINEスタンプで稼ぐ方法をお伝えしていこうと思います。

本記事で分かること
  • LINEクリエイターズスタンプとは何か?
  • LINEスタンプで稼ぐとはどのような仕組みなのか?
  • 今後稼げるLINEスタンプはどのようなスタンプか?
  • LINEスタンプを作るにはどのような方法があるのか?

LINEスタンプでどれくらい稼ぐことができるのか興味があるかと思います。ぜひ参考にして下さいね。

LINEクリエイターズスタンプとは

LINEクリエイターズスタンプについてまずは詳しくご紹介します。

LINEクリエイターズマーケットは2014年開始の公式サービス

 

LINEクリエイターズスタンプとは、LINEクリエイターズマーケットで販売できるスタンプのことです。LINEクリエイターズマーケットは2014年に始まったサービスで、個人や企業などがオリジナルのLINEスタンプを製作し販売することができます。

クリエイターズLINEスタンプのサービスが始まった当初はかなり稼げる副業として注目されており、数百万円~数千万円稼ぐような人もかなり多く存在しました。現在では参入者も増えてしまったので以前のように数千万円単位で稼ぐことは難しくなってきていますが、数百万円ほどの収入をLINEスタンプで得ている人はまだまだ存在しています。なので、しっかりと考えて作成をすれば、今から参入した場合でも個人で数万円~数十万円稼ぐことができる可能性は十分にあります。

デザインやイラストが苦手でも簡単に作成できる!

LINEスタンプ副業で稼いでいく為には独自のLINEスタンプを作成する必要があります。その際にデザインやイラストなどを行っていくため、それらの知識がない方などは不安に感じるかもしれません。

しかし、LINEスタンプはLINEが公式に発表している「LINE CREATEORS STUDIO」というアプリを使用すれば簡単にデザインやイラストで装飾することが可能です。なので、デザインやイラストの知識がない方でも、LINEスタンプ副業に安心して取り組むことができます。

 

また、先ほどご紹介したアプリを使用する以外にもクリエイターに外注してデザインをしてもらう方法もあります。自分の好みやイメージを伝えるだけでプロがオリジナルのLINEスタンプを製作してくれます。もちろん製作料はかかりますが、販売したLINEスタンプがしっかりと売り上がっていけば、すぐに製作料は回収することができます。

LINEスタンプを販売するには審査を通過する必要がある

LINEスタンプが意外と簡単に作れるということは分かりましたしかし、LINEスタンプを作成したからといって、すぐに販売することができるわけではありません。LINEスタンプを販売するには審査を通過する必要があります。

著作権に関連する審査に時間がかかるため、ピーク時は1週間〜1ヶ月ほど、長いと半年くらい審査に時間がかかったという例もあります。現在はそれも緩和され5日程度で審査結果が返ってくるようになっています。

また審査されても差し戻しになるケースも多く、販売が可能になるまでにはかなり時間がかかります。ただ、審査結果については明確な理由説明がなされるため、随時修正して申請を続けることで審査自体は通過することができるようになります。またLINE側も審査基準については明確なガイドラインを発表しています。

参考:https://creator.line.me/ja/review_guideline/

LINEスタンプの稼ぎ方

ここからは、実際にLINEスタンプではどのように稼いでいけるのか、LINEスタンプで稼いでいる人の事例についてご紹介します。

LINEスタンプの市場は拡大し続けている

そもそもLINEスタンプは個人や企業でも販売されるようになってから5年以上が経っていますが、どの程度の市場があるのでしょうか。

この資料から分かるように、LINEスタンプ市場はサービス開始4年の2018年の時点で530億円を達成しました。売り上げ上位10名のクリエイターの平均販売額は6億4,100万円と巨額の規模です。もちろんクリエイターの数は増え続けていて競争が激しい市場ではありますが、まだまだ大きなチャンスがある市場であることも明確です。

LINEスタンプで稼ぐ仕組み

LINEスタンプは、LINEスタンプショップで購入・ダウンロードされユーザーに使われます。LINEスタンプのクリエイターには、ダウンロードされるごとにお金が入ってくることになります。

一つのLINEスタンプが人気になると、同じキャラクターの次のシリーズのスタンプも人気が出るようになるため、よく売れているクリエイターはLINEスタンプをシリーズ化して販売することが多いようです。

単価は50円や100円と安いのですが、ランキング上位に入ることができればぐんぐんと人気が上がるため、シリーズ化することで拡大を狙うのがLINEスタンプによる副業収入のセオリーです。

LINEスタンプ販売・報酬は何パーセント?

LINEスタンプの報酬は販売方法にもよりますが、価格の60〜70%がLINE社とApple社もしくはGoogle社に持っていかれ、残りの30〜40%がクリエイター側の収入として入ってくることになります。

2019年LINEスタンプのプレミアムプランが登場で稼げる仕組みに変化が

プレミアムプランとは、LINEスタンプが使い放題になる月額制のサブスクリプションサービスです。月額240円を支払うことでラインのユーザーは好きなだけスタンプをダウンロードすることができます。そしてそのプレミアムプランのスタンプリストの中に、自分で作成したスタンプを追加することができます。

LINEスタンププレミアムの対象スタンプにするかどうかは、クリエイター自身が判断することになります。もちろん、サブスクリプションサービスの中のスタンプになるとしても、ダウンロードされればクリエイターに報酬は入ってくることになります。しかしこれまでの有料購入で30%〜40%の受け取り分が入ってくる場合と異なり、プレミアムプランの中で購入された場合にはそのダウンロード数に応じて分配割合が変わってくることになります。

ここで重要なのは前項で解説した、LINEスタンプを制作できる公式アプリ「LINE CREATEORS STUDIO」で作られたスタンプは、本人が無料でダウンロードできる代わりに分配金が与えられない・報酬0円になるということなのです。LINE CREATEORS STUDIOで作ったスタンプはあくまでも自分用のスタンプであり、販売して収益を上げるためのスタンプとしてのサービスは提供されなくなるということです。

これまでは、自分用に作られたスタンプとして販売されていたものもライバルでしたが、その何百万種類のスタンプが競合ではなくなるため、かなり収益が上げやすくなると言われています。

LINEスタンプで億万長者も誕生!

LINEスタンプで副業ビジネスをしている人の中には、億万長者と言えるくらいの規模の売り上げを達成している人もいます。前述したように、事実2018年のLINEスタンプのトップクリエイター10人の売り上げ平均は6億4,100万円と巨額です。

その中の一部をご紹介しましょう。

A-kitさん

A-kitさんは、東京都内で理容師さんとして働いていて、趣味で漫画やイラストを書いてい流ようです。スタンプの中に文字を入れることでメッセージ代わりに送ることができるスタンプを作成し3ヶ月で1,000万円を獲得するという大ヒットスタンプを生み出しました。

 

あわゆきさん

あわゆきさんは、マグロやいくらなどのお寿司のキャラクタースタンプのクリエイターとして知られています。LINEマーケットの開始初日にトップに君臨し、たったの数時間で6万円の報酬を手にしました。あわゆきさんの制作するお寿司のキャラクターは「寿司ゆき」という名前で知られていて、キャラクターのぬいぐるみが発売されたり、日本だけではなく世界各国で使われているなど世界的に愛されているスタンプです。回転寿司チェーンのスシローとのコラボレーションで見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

bluff_designさん

bluff_designさんは、グラフィックデザイナーでLINEクリエイターとして活躍しています。LINEクリエイターランキングでは、15位〜40位の間を推移している人気スタンプクリエイター。bluff_designさんは自身のnoteで、LINEスタンプによる収入推移を公開しています。ぜひ参考にしてみてください。

参考:https://note.com/bluff/n/ne53627c35880

クリエイターズLINEスタンプの今後・どんなスタンプを作るのがオススメ?

需要はどんどん増えてきている一方で、クリエイターの数や販売されているLINEスタンプの数も増えてきています。普通のスタンプや競合が多すぎるこれまで通りのLINEスタンプを制作しても、埋もれてしまいヒットするのはなかなか難しい状況があります。

しかし、今後のLINEスタンプはどうなるのか、どのようなLINEスタンプが今後販売数が伸びていくのかのポイントを抑えればまだ稼ぐことは可能です。以下のポイントを抑えて挑戦してみてはいかがでしょうか?

表情のあるオーバーリアクションなスタンプ

LINEスタンプでやはり一番キャッチーなのは、表情が分かる顔が強調されたLINEスタンプです。反対に言うと、顔以外のものをスタンプにしても活用範囲が狭くトーク内においての感情表現が難しいため、スタンプとして機能させるのが難しく購入ハードルが高いです。

LINEスタンプは顔のスタンプであり、さらに異常なほどオーバーリアクションな表情をしているものが一番わかりやすく好まれます。LINEスタンプを制作するときには、自分で思っているものよりもはるかに表情が豊かなキャラクターや表情を作るように心がけてみましょう。

ペルソナ設定を明確に

どんなジャンルであっても、マーケティングにおいて相手を設定すること、つまりペルソナを設定して商品作りをすることは非常に重要であると言われます。LINEスタンプにおいても然りで、詳細なペルソナが設定してあることで自分が作っているものの軸がブレたり、テーマが移り変わってしまうことがありません。

ペルソナが定まっていないと、LINEスタンプを使う側にとっても不自然です。一つの種類のスタンプを購入しても、使えるスタンプと使いづらいスタンプが混在することになってしまいます。しっかりとターゲットを頭の中においてスタンプ制作をしてみるといいでしょう。

日本以外をマーケットに考える

世界におけるLINEアプリのシェアをご存知でしょうか。

1位:台湾
2位:タイ
3位:インドネシア
4位:日本
5位:アメリカ

2018年においては、上記のような順位になっています。日本で暮らしていてスマホを使いながらLINEアプリを使っていない人はほとんど見かけません。それでも世界第4位であるということは、1位〜3位の国ではそれ以上にLINEが使われる機会が多いと言うことでもあるのです。

日本語のLINEスタンプにももちろんニーズはあります。しかし、台湾・タイ・インドネシアのLINEスタンプのニーズはさらに日本を上回ります。2018年のタイにおけるLINEスタンプの需要は、前年から28%も増加したという結果も出ています。

もちろん日本人なら日本語文字のLINEスタンプの方が使いやすいと言うことは言うまでもありません。しかし、LINEスタンプ制作をしっかりと副業ビジネスの視点で考えるとき、日本語以外の言語、特に台湾・タイ・インドネシアでニーズのある言語はマストだと言えるでしょう。

LINEスタンプを作る方法

最後に、LINEスタンプを制作する方法について解説します。前項でご紹介したようなポイントを抑えればLINEスタンプを販売して稼ぐことはまだまだ可能です。

公式LINE CREATORS STUDIOは収益化ができない

2019年からのルール変更により、LINEの公式アプリであるLINE CREATORS STUDIOにおいて制作したスタンプでは分配金が受け取れないことになりました。そのため、それ以外の方法でLINEスタンプを制作し、LINEアプリにアップロードして販売する必要があります。そこでおすすめなのが、LINEスタンプ制作のスタンプファクトリーです。

スタンプファクトリーの魅力

 

スタンプファクトリーの魅力を簡単にご紹介します。

LINE社の厳しい審査通過保証

LINEスタンプを制作しても、問題はLINE社の厳しい審査を通過することができるかどうかという点であると解説しました。スタンプファクトリーでLINEスタンプを作ると、LINE社の審査通過保証がついています。例え一度審査通過がリジェクトされたとしても、修正を重ねて通過するまで対応してもらうことが可能なのです。

日本人デザイナー

スタンプファクトリーのデザイナーは全員が日本人です。これはスタンプファクトリーのこだわりで、日本人の細やかな感情変化や機微は、外国人デザイナーだと表現するのが難しいのだそう。なんとなく分かるような気がしますね。つまり、LINEスタンプのオーダー自体もより正確に伝わりやすく、理想通りのLINEスタンプが仕上がるということです。

スタンプの日本語・英語・中国語3ヶ国語対応

前項で、これからでも稼げるLINEスタンプを作るには、海外のマーケットを視野に入れる必要があると解説しました。スタンプファクトリーで作るスタンプは、日本語・英語・中国語の3ヶ国語に対応しています。世界におけるLINEシェアの第一位は台湾、第二位はタイ、第三位はインドネシアです。台湾では中国語が使われています。そして、タイとインドネシアの第二公用語は英語です。

現在の日本でのLINEスタンプのうち、多言語制作されているものは全体のうちたったの1%に過ぎないそうです。これからますます日本国内で使われるLINEスタンプが飽和状態となっていく中、多言語対応し他国でも販売できるLINEスタンプであることは大きな強みになります。

トップクリエイター100人の内12人がスタンプファクトリー

LINE社は2017年に、クリエイターズスタンプのトップ100人を紹介する公式本を出版しました。

 

この中で紹介されている100人のうち、12人がスタンプファクトリーでLINEスタンプを制作しました。スタンプファクトリーでLINEスタンプを制作した人のスタンプ収益の平均も毎月約11万円と非常に好調であることがわかります。

希望のイメージと選択式のテイストで最速納品

スタンプファクトリーでは自分の希望のイメージを伝えて、42種類あるテイストイメージを選ぶだけでLINEスタンプを制作してもらうことが可能です。しかもサンプル納品までがたったの5日とかなりスピーディーです。今すぐにLINEスタンプを制作して副業ビジネスにしたいという人は、ぜひスタンプファクトリーにまずは無料申し込みしてみてください。

 

 

まとめ・LINEスタンプ副業ビジネスはまだまだ稼げる

LINEスタンプを制作し、販売して稼ぐ方法について解説しました。簡単にポイントをまとめます。

LINEスタンプはまだまだ稼げる副業ビジネス
  • LINEスタンプのシェアはますます拡大し続けている
  • クリエイターズLINEスタンプは飽和状態ではあるものの、スタンプの分かりやすさ・ペルソナ・マーケットを検討することでまだまだ稼げる
  • 2019年のLINEスタンププレミアムプランの登場により、LINEスタンプの競合が減っている今がチャンス
  • 公式LINE CREATORS STUDIOで制作したLINEスタンプは収益化できない
  • 審査保証や多言語制作など収益に繋がりやすいLINEスタンプはスタンプファクトリーであれば制作できる

副業解禁により、全ての会社員が会社のお給料以外の収入を手にする時代に入ります。この副業が当たり前の時代が来る前に、あらゆる副収入について検討しておかなければなりません。波に乗り遅れないよう、LINEスタンプによる副業ビジネスをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。