時事

スマートマスクC-FACEの予約方法は?翻訳機能が凄すぎると話題に!

めぐみです。コロナの影響で、事業の継続が困難になる企業や個人がある一方で、withコロナ時代に向けて新たなプロダクトやビジネスを生み出している企業もあります。

その中でも話題になっているのがスマートマスクC-FACE。ネットニュースはもちろん、テレビ番組で紹介されたこともあり、注目している人も多いと思います。

今回は、このスマートマスクの驚くべき機能や購入方法などについて解説していきたいと思います。

本記事で分かること
  • スマートマスクC-FACEが生まれた背景
  • スマートマスクC-FACEの機能
  • スマートマスクC-FACEの購入・予約方法

こうした時代の先を行く製品や事業は、とても夢がありますよね。では早速ご紹介します!

スマートマスクC-FACEは世界初のスマホとつながるマスク

 

まずはスマートマスクC-FACEが生まれた背景について、簡単に解説します。

5Cを重視したこれからのコミュニケーションデバイス

コロナの蔓延で、日常にソーシャルディスタンスが求められるようになりました。それはコロナの終息までの一時的なものではなく、これからの時代には当たり前になっていくものと考えられています。そこで私たちの日常に当たり前になったのがマスクです。

同時に、マスクをしながらの日常や仕事では声が聞き取りづらく、不便さを実感した人も少なくないと思います。「え?え?」と聞き返したり、聞き返されたりしたことは、私も何度もあります。

そこで注目されたのがスマートマスクC-FACEです。スマートマスクC-FACEは、従来のマスクに取り付けて使いますが、それ自体がスマートフォンアプリと連動する仕組みになっています。

具体的な機能や用途は次項で解説していますが、スマートマスクC-FACEはこれからの時代に必要不可欠なコミュニケーションデバイスであると言われ、ニューヨークタイムズ紙や、フォーブス、CNN、BBCなど世界中のメディアから注目を集めました。

スマートマスクC-FACEのコンセプトは以下の5Cです。コロナ禍において、どれも重要なコンセプトですね。

  • Clear voice,(ハッキリと声を伝える事)
  • Connect with smartphone,(スマホに つながる事)
  • Cool design,(優れたデザインである事)
  • Clean material,(抗菌素材である事)
  • Combat with Coronavirus.(テクノロジーでコロナウイルスに対抗する事)

引用:ドーナッツロボティクス公式サイト

ドーナッツロボティクスが多額の資金調達に成功し開発

スマートマスクC-FACEを開発したのは、ドーナッツロボティクス株式会社という北九州のベンチャー企業です。「ロボット技術で世界を変える」「いくつかの社会問題の解決」「新たなプラットフォームの創出」をテーマに、2014年にたった3人でガレージで創業し、多くの困難を乗り越えながらこのスマートマスクC-FACEの開発に辿り着きました。

スマートマスクC-FACEを開発するにあたり世界から大きな注目を受け、クラウドファンディングを通して多額の資金調達に成功しています。

今や世界を牽引するAppleやGoogle、ディズニーも始めはガレージで創業したというエピソードがありますよね。この日本の北九州初のドーナッツロボティクスも、世界を牽引するロボット開発企業に成長していくのではないでしょうか。

スマートマスクC-FACEの驚きの機能

ここからは、スマートマスクC-FACEの驚きの機能について詳しく見ていきたいと思います!

マスクをしながら話す声が大人数の会議で全員に届く

スマートマスクC-FACEには、マスク越しの声が大勢に届くという機能があります。大人数の会議などマスク越しではマイクが必要になるような場であっても、スマートマスクC-FACEを使うことで小声をしっかり届けることができます。10m先であっても、Bluetoothの範囲なら声が届くそう。ソーシャルディスタンスはもちろん、飛沫防止にもつながりますね。

マスク越しの言葉が世界最高レベルで8カ国後に翻訳される

最も注目されているのが、翻訳機能です。マスクを通して話した言葉が、世界最高レベルの8カ国語に翻訳されます。自分の話した音声がマスクとスマホを介し、相手のスマホをスピーカーにして伝わりますが、その際に相手の求める言語に翻訳されるのです。

これはコロナやソーシャルディスタンスとは関係なく、これからの世界とのコミュニケーションにおいて重要になる機能です。(翻訳機能は、マスク購入の他に月額利用料が発生する予定です)

マスクをしながら話す言葉がスマホ画面に文字で現れる

マスクをしながら話す言葉が、専用アプリを通してスマホ画面に文字になって現れます。さらに、会議での会話を議事録として残しておくことができる機能も月額制で付加することが可能です。これからの会議やミーティング、仕事上のやり取りの在り方が変わっていきますね。

スマートマスクC-FACEの予約方法

スマートマスクC-FACEはまだ販売されていない商品です。ここでは、スマートマスクC-FACEの予約方法を解説します。

Makuakeで応援・予約受付中

スマートマスクC-FACEは、Makuakeというクラウドファンディングサイトで予約購入することが可能です。

Makuakeはクラウドファンディングサイトの中でも規模が大きく、これまでにも多くの製品がこの世に生み出されたり、多くの潜在的な需要が掘り起こされたりと、価値を生み出してきました。

スマートマスクC-FACEは、Makuake上で応援する形で事前予約することが可能ですが、もう製品自体が残りあとわずかという状況です。気になる方はMakuakeで詳細を確認してみてください。

スマートマスクC-FACEリリーススケジュール

スマートマスクC-FACEは、2020年秋から冬にかけて製品の量産と評価が行われ、来年頭には出荷が始められる予定です。この画期的なマスクの到着を、多くの人が待ちわびています。

まとめ・スマートマスクC-FACEは新しい時代の象徴

世界から注目されるスマートマスクC-FACEについて解説しました。簡単にポイントだけまとめておきます。

本記事のポイント
  • スマートマスクC-FACEは、マスク越しの小さな声を、文字にしたり遠くの人に伝えたり、翻訳させたりできる、withコロナ時代のマストアイテム
  • スマートマスクC-FACEを開発したドーナッツロボティクス社は、2014年創業の北九州のベンチャー企業で、クラウドファンディングなどで多額の資金調達に成功している
  • スマートマスクC-FACEは、現在クラウドファンディングサイトMakuakeで応援・事前予約が可能であり、残りわずかな状況

スマートマスクC-FACEは、これからの時代に間違いなく欠かせないアイテムであり、時代の象徴とも言えるでしょう。ぜひ会社や家族の中で、取り入れてみてはいかがでしょうか。