時事

子どもの最先端の最新習い事は?プログラミングやオンライン塾・金融教育も

めぐみです。

今日は、子どもの習い事について

お子さんが、幼稚園・保育園や、小学生になると、

習い事はどうしようか考える親御さんも多いと思います。

 

私も離婚の直後は働くのに精一杯で息子の習い事のことまで考えられませんでしたが、

ネットビジネスで成功してからは余裕が出てきたこともあって

いろいろと吟味するようになりましたし、息子自身も「〇〇をやってみたい」という意思が湧くようになりました。

 

今の時代は、子どもの可能性を広げるためにさまざまな習い事をさせる親も多く、

いくつも掛け持ちしているという子どもも多く見受けられます。

 

習い事の王道と言えば、

 

男の子は、サッカー、野球などのスポーツ少年団、

女の子は、ピアノにバレエ、でした。

 

しかし、時代にの流れに合わせて、子どもの習い事も変化しているようです。

 

そこで、今日は最先端の子どもの習い事についてまとめたいと思います。

目から鱗の斬新な習い事がたくさん登場します。

 

ぜひ、子どもに時代に合ったぴったりの習い事をさせてあげたいという親御さんは

参考になさってください。

 

 

 

プログラミング

引用:https://unsplash.com/photos/bdZ3bzRde5g

 

最先端の子どもの習い事の1つ目は、プログラミング教室。

プログラミングが注目されたのは2〜3年前のことで、子どもの習い事としてはもはや定番になりつつあります。

 

iPadなどの、子どもが触りやすいツールを使って実施できることもメリットで、未就学の子どもでも参加できるスクールもあるようです。

 

プログラミングは、ネットビジネスを始めるには持っておきたいスキル。

単純にブログを書くのであっても、プログラミング言語には触れることになりますから、

その概念を子どものうちから持っていることは有利に働きます。

 

プログラミングスクールもさまざまで、大手企業なども参入しています。

 

スマイルテック

引用:https://www.smileme.jp/

 

スマイルテックは、埼玉県を中心に展開されるプログラミング教室。

ロボット、ドローン、アプリ開発、デザインなど、さまざまなコースから学びたいプログラミングを選択することが可能です。

レッスンも月額制ではなくチケット制を取っているため、休んでもレッスン代が無駄にならないのがメリット。1レッスン2,300円〜2,800円と、比較的業界の中でも安めの価格設定です。

 

リタリコワンダー

引用:https://wonder.litalico.jp/about/

 

リタリコワンダーは、東京都を中心に展開されている、IT×ものづくりがテーマのプログラミング教室です。

リタリコワンダーは、Qremoという名称で早くからプログラミング教室が開かれており、業界でも先駆け的な教室です。

 

リタリコワンダーが他と比べて特化しているのが、「ものづくり」にフォーカスしたレッスンが展開されている点

プログラミングから、ロボット、デジタルファブリケーションなど、テクノロジーを活用したものづくりの機会が子どもたちに提供される場です。

 

 

 

オンライン習い事

 

最先端の子どもの習い事の2つ目は、オンラインの習い事

何を習うということではなく、オンラインというその習い方が最先端であるということでご紹介します。

 

CafeTalk

引用:https://cafetalk.com/?lang=ja

 

CafeTaikは、オンラインで習い事を受講できるという画期的なサービスです。

もちろん、子どもの習い事だけではなく、大人もさまざまなレッスン受講をすることが可能です。

 

 CafeTalkのすごいところは、サービスを世界中の講師から受けられるという点です。

特に、ネイティブから言語を習得したいという人にとっては画期的なサービスと言えるでしょう。

決済もCafeTalkのシステム上でポイントを購入して受講するため、世界を渡ってトラブルになるようなことはありません。

 

CafeTalkの子ども向けレッスンには以下のような内容があります。

 

・子ども向けボイストレーニング

・子ども向けアート

・キッズピアノ

・子ども向け音楽

・キッズ英会話

・そろばん

 

子どもの習い事においてネックになるのは、親が送迎のために拘束されるということです。

特に、共働きの世帯は年々増えているため、習い事が土日に集中してしまったり、送迎があるがゆえに習い事を始められないというデメリットもあります。

しかし、CafeTalkを使って自宅でオンラインで受講できることでそれがなくなるのは大きなメリットになります。

 

ちなみに、大人向けのレッスンも多く、以下はその内容の一例です。

 

・バイオリン

・折り紙

・フルート

・作曲

・オカリナ

・チェス

 

Axisオンライン

引用:https://axis.onl/

 

Axisオンラインは、オンラインで家庭教師指導を受けられるサービス。

個別指導のAxisが提供しているサービスです。

オンライン家庭教師の一番のメリットは、住んでいる地域に関係なく、自分に合った先生から指導をしてもらえるという点です。

合格実績を持つプロの講師や、東大や京大に合格した学生講師からマンツーマンの指導を受けることができます。

 

オンライン家庭教師は、学校の授業についていくのが難しい場合、さまざまな事情で学校にいけない場合、住んでいる地域の事情などから夜遅くに塾に通わせたくないという場合にもメリットになります。

 

 

 

YouTuber育成スクール

 

2019年の小学生のなりたい職業ランキングで、YouTuberが上位にランクインしました。

昔、野球選手やサッカー選手になりたかった子どもたちがスポーツ少年団に所属していたように、今は習い事としてYouTuberを習うことができる時代です。

将来YouTuberになりたいから小さい頃からYouTubeを習うというのは、理にかなっていると言えます。

 

YouTuber Academy

引用:https://youtuber-academy.jp/

 

YouTuberAcademyは、YouTuberとして動画を作ったり編集したりする「作業」だけではなく、YouTuberになる過程を教えることで、

ネットリテラシーや自分自身を表現すること、作った作品を認められたり褒められたりする経験から、子どもが「自信」をつけることに教育性を見出しサービスを提供しています

 

関東を中心に展開されており、テレビなどで特集されるなど注目を集めています。

授業料は、毎週一回50分で月額12,000円程度と、一般的な習い事と比較すると少し高めな設定です。

 

まさに、時代に即した習い事と言えるでしょう。

将来的に考えても、すぐに使えるスキルや、時代に即した自分を表現するスキルを身につけられることは大きなメリットになると思います。

 

 

 

投資の勉強・金融教育

 

日本は、金融教育では圧倒的に世界に劣っていると言われています。

子どもの前ではお金の話をしてはいけないと、いまだに思っている家庭が多いと思います。

また、会社員で源泉徴収されている人は、自分自身が一体いくら税金を支払っているのかわかっていないというのも日本の実情です。

 

金融教育が進んでいる国では、子どものうちから資産を運用する概念や投資をすることが子どもたちに教えられています。

特にイギリスとアメリカは金融教育先進国と言われており、幼少から高校生と同じくらいの年代までに金融についてのカリキュラムが細やかに組まれて実施されています。

 

日本銀行調査統計局による、日本・アメリカ・ユーロエリアでの家計の金融資産構成を比較した調査結果があります。(資金循環の日米欧比較2017年8月18日)

 

アメリカとユーロエリアに比較して、日本の資産割合は現金・預金が半分と圧倒的に多く、お金に対する考え方や扱い方が全く異なることがわかると思います。

 

そんな日本の子どもへ、金融教育を始めようとしているのが、村上ファンド元経営者の村上世彰氏です。


引用:https://murakamizaidan.jp/education/

 

具体的に、「習い事」としての金融教育はまだまだ浸透していませんが、これからの日本にとって金融知識を持った人が増えていくことは非常に重要なことですから、ますます期待がかかります。

 

 

 

まとめ・最先端習い事で令和を生きる子どもたちに時代に沿った知識を

 

子どもへの最先端の習い事について解説しました。

簡単に概要をまとめます。

 

・プログラミング教室やオンライン習い事が注目される

・YouTuberスクールなどの時代に即した習い事も

・金融教育など日本に不足した教育も習い事として始まっている

 

時代が平成から令和へと移り変わり、次の時代の子どもたちに必要な知識やスキルも変遷しています。

習い事は、昔と同様に、子どもがやってみたい、挑戦してみたいという気持ちを持てることであるとともに

これからの時代に通用する考え方やあり方が培えることであることが、今後ますます求められていくでしょう。

これからの最先端の習い事にますます期待しましょう。