ネットビジネス

ルッピーNFTは怪しい詐欺確定!口コミや評判は悪評ばかり!

ルッピーNFTは怪しい詐欺なのか口コミと評判を調査と書かれた画像

こんにちは。めぐみです。

今回は、最近SNSで目にすることが増えてきた「ルッピーNFT」を調査しました。

可愛らしい見た目が特徴的で、1つ持っておきたいと思ってしまうくらい魅力たっぷりのNFTなのですが……。

ネット上では、「マルチだから注意」「詐欺まがい」といった悪い口コミや評判が目立つようです。

今回は、ルッピーNFTは怪しい詐欺なのか、私が調査した結果をお伝えします。

ルッピーNFTとは

 

ルッピー(LUPPY)NFTとは、パリの有名アパレルブランドデザイナーと様々な商品開発を手掛けた海外在住のクリエイターがデザインした10,000体のジェネラティブNFTのことです。

ジェネラティブNFTとは

プログラムなどに搭載しているアルゴリズムを活用して作り出すデジタルアートのことです。ただし、所定のプロジェクトが人気を維持することは難しいため、購入時には将来性も含めて見極める必要があります。

発売初日にしてOpenseaランキング15位を獲得し、数ヶ月で売り上げボリューム2,000ETHを獲得とNFTとしての実績は申し分ないかと思われます。

アニメチックな見た目がたまらなく可愛いルッピーNFTなのですが、公式サイトを見る限りでは、デザイナーやクリエイターに関する詳しい情報は公開されていませんでした。

10,000体のジェネラティブNFTに関する情報も十分には得られないため、この時点で「怪しいかも」と警戒する人も出てきそうな気がします。

続いては、ジェネラティブNFTを購入する以外にも、ルッピーNFTに関する稼ぎ方があるようなので、そちらを見ていきましょう。

ルッピーNFTを応援しながら稼げる方法が怪しい

広告を貼るだけで収益が発生するのは本当と書かれた画像

ルッピーNFTでは、ジェネラティブNFTを購入したら終わりではないみたいです。

「Media Owners Club」というものに参加して、アフィリエイトプログラムを活用することで安定した収入源を確保できるんだとか。

どこか怪しい気もしますが、詳しく見てみましょう。

ルッピーNFTの怪しい稼ぎ方①自動開設されたサイトを活用

Media Owners Clubでは、好きなジャンル(旅行、料理、アウトドア、投資、ビジネスなど)を選ぶだけで、ハイクオリティなサイトページを自動で作ることができるらしいんです。

公式サイトには、こんな感じで紹介してありました!

 

インターネットのサイトをイチから作るとなれば、それなりに知識と技術が必要になりますが、Media Owners Clubの場合は誰でも簡単に「このサイトちょっと気になる」と思ってもらえるような自分専用サイトができてしまうといいます。

一体、どのような仕組みになっているのでしょうか。

調べてみましたが、公式サイトには詳しいことは記載されていませんでした。

このシステムらしきものを利用するのには、費用が毎月1万250円(※ドメイン代、サーバー代、サポート代込)かかるみたいです。

ただし、「最低〇ヶ月以上の契約が条件」といった定期購入などでもよくある契約期間の縛りはなく、いつでも解約してOKなんだとか。

自分でサイトを立ち上げて運営するのと比較すると、費用面では割高のように感じます。

保有できるサイトは、持っているルッピーNFTのレア度によって違います。

 

ウルトラレアだと、最大700サイト(キャンペーン期間中だと1,000サイト)も保有できるというのは運営側もけっこう太っ腹だなとは思うのですが……。

数百単位のサイトを保有するとなれば、いろいろとトラブルとか思うように収益化できないサイトとか出てきそうで逆にリスクが高くなってしまうような気もします。

そもそも、同時に複数のサイトを誰がどうやって運用するのか公式サイトでは説明されていませんでした。

詳細が書かれていない時点で、怪しいと思う人も出てきそうです。

ルッピーNFTの怪しい稼ぎ方②毎月サイトに広告を貼るだけでOK

自分専用サイトができあがったら、「LUPPY NFT」が指定する広告をサイト内に貼ることになります。

それだけで、以下の画像のような形で、1サイトにつき1万3,000円の報酬を受け取れるみたいです。

 

これはけっこう稼げるんじゃないかと思いたいところですが、稼げるかどうかに深く関わってくる具体的な方法が全く紹介されていませんでした。

ルッピーNFTの公式サイトには、どこを見ても仕組みやロジックに関する説明がないため、「怪しい」「詐欺まがい」と噂されてしまうのは仕方がないことなのかもしれませんね!

続いて、ルッピーNFTの口コミと評判を見ていきましょう。

ルッピーNFTの口コミと評判

口コミと評判と書かれた画像

ルッピーNFTの口コミと評判をX(旧Twitter)で調査してみました。

確認できたのは、以下のとおりで悪い評判ばかりです。

  1. セミナーが連絡なしで中止になる
  2. 保証がしっかりしていない
  3. 同じ人がNFTを複数回購入している
  4. 運営企業の情報が少ない

それぞれ、詳しく見ていきます。

ルッピーNFTの口コミと評判 ①セミナーが連絡なしで中止に


有名YouTuberがルッピーNFTに投資しているユーザーに対して、早期出金を呼びかけています。

初めからセミナー会場を予約したいなかった可能性もあり、怪しさ満載です。

ルッピーNFTの口コミと評判 ②保証がしっかりしていない

参加するにあたって、保証がどこまでされるのかというのは確認して当然の内容のはずなのですが……。

この内容が本当だとすれば、ルッピーNFTの悪い口コミが目立つのは仕方ないのかもしれませんね。

ルッピーNFTの口コミと評判 ③同じ人が複数回購入

取引がけっこうされているように見えて、実際は関係者がという可能性もあるようです。

ルッピーNFTの口コミと評判 ④運営企業の情報が少ない

ルッピーNFTの公式ページには、運営企業に関する情報の記載はありませんでした。

口コミのとおりで、アフィリエイトを活用した詐欺の可能性も十分考えられます。

ルッピーNFTは怪しい詐欺なの?

 

ルッピーNFTの基本情報や口コミがわかったところで、巷で噂されているとおりの怪しい詐欺なのか、一緒に見ていきましょう。

ルッピーNFTが怪しい理由①稼げる根拠がない

ルッピーNFTの公式サイトには、購入できるNFTのデザインは大体確認できるものの、具体的な価格や将来性など、購入する上で知っておきたい内容に関しては確認することはできませんでした。

Media Owners Clubに関しても同様で、貼り付けた広告から得られる報酬額は確認できたものの、具体的な稼ぎ方については説明がありません。

このように、ルッピーNFTは稼げる根拠がないため、怪しいと悪い評判ばかりが流れてしまうのではないでしょうか。

ルッピーNFTが怪しい理由②危険な人物が関与している可能性が高い

ルッピーNFTには、怪しい詐欺まがいの案件に加担していたと思われる人物との関わりが深いという情報もあります。

そのため、ルッピーNFTもポンジスキームなどの怪しい詐欺の可能性が高いと判断する人が多いんでしょうね。

ルッピーNFTの評判は悪く怪しい詐欺の可能性が高い案件だった

今回は、ジェネラティブNFTを保有したり、コミュニティに参加してアフィリエイトで安定した利益を狙ったりして稼いでいく副業「ルッピーNFT」をご紹介しました。

口コミどおりで悪い評判が多く、稼げる根拠も確認できないため怪しい詐欺の可能性が高く、おすすめできません。

みなさんも、くれぐれも詐欺被害に遭わないようにご注意ください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。